化粧水で唇ケアできる?かさつきが気になる方必見の保湿テク

2022.09.27

化粧水は唇ケアに効果的?


唇は肌の一部なので化粧水や乳液によるスキンケアは必須です。
気づかないうちにリップはリップ、肌は肌、と思ってしまい満遍なく塗れていない方も多いかもしれませんが、特に洗顔やクレンジング後のケアが重要です。

唇は薄い膜なのでケアには細心の注意を図る


唇は顔の他の肌よりも皮膚が約半分薄く、構造も異なります。
額や鼻から汗が出ても唇から汗をかいた経験はないように、実は唇には油を出したりバリア機能を果たしてくれたりする皮脂腺や汗腺がありません。

ダメージを受けても比較的早く治る部位である一方で、皮膚が薄い分ダメージを受けやすく、回復できる許容を超えてしまうとダメージが蓄積されます。
口紅やリップティントが落ち切っていないまま放置していると、荒れやすくなったり色が変わってきたりするリスクもあります。

唇のおすすめケア3選


洗顔や保湿、入浴時におすすめしたい唇のケアについて3つご紹介していきます。
何気ない普段のケアの中で少し唇へ意識を向けることによって、理想のうるおいあるリップに近づくかもしれません。

朝洗顔の前にリップクリームを塗る


洗顔料の洗浄成分によっては、唇にとって大きな負担になり、荒れるきっかけになってしまう可能性があります。
そのようなストレスから守るために、朝の洗顔前に少しリップクリームを塗り直接洗顔料が当たらないようにするのがおすすめです。

化粧水や乳液は唇にも塗る。


洗顔後の化粧水や乳液は乾燥しがちな頬や目元、口元へのケアに集中してしまいがちですが唇へもしっかりと塗りましょう。
肌同様のスキンケアを終えたらさらにリップクリームで保湿すると、乾燥から唇を守ってくれます。

お風呂に入る時には、リップクリームをたっぷり塗る。

蒸気が多い入浴時に着色のない、自然なリップクリームを塗って入浴するのもおすすめ。
唇についている余分な角質が柔らかくなり、擦らなくても落としやすくなります。
さらに角質による凹凸がなくなることで、滑らかな唇に導きます。

リップスクラブで落とすことも1つの方法ですが、唇は他の肌の部分よりも膜が薄いのでダメージになってしまうこともあります。
使用頻度は守って、適切な範囲で使うことを意識しましょう。

化粧水や乳液を使って唇の保湿ケアを行う


唇は他の肌の部分よりも皮膚が薄く、乾燥しやすい部分。
ぜひスキンケアの際におでこや頬などに力を注いでしまいがちですが、唇までケアをしていきましょう。
唇専用のパックもあるので、スペシャルケアをしたい時にはぜひ使ってみてください。

美容液で口元の肌を効率的にケア



顔につける美容液は肌に優しいものが多く、今回おすすめする「クロノレスト エクソルセラム」は口元の肌のケアもできるアイテムです。

ナイアシンアミド(保湿成分)が配合された美容液(※”大人肌研究所公式HP”参照)で、化粧水とは異なり、「サラッ!とろっ」としていて伸びのよさも魅力。
肌の調子を整えることを目指したアイテムで、スキンケアの土台から見直したい方にぜひ試してほしい美容液です。

口元の肌の保湿におすすめの美容液


「クロノレスト クリスタルコンセントレート」は、次世代成分クリスタル型ヒアルロン酸(※1)を配合した部分用美容液。(※”大人肌研究所公式HP”参照
ヒアルロン酸が角質層までしっかりと浸透し、目元や口元の乾燥を防いでくれます。

美容保湿成分として植物由来のオイルを7種類配合(※2)しているので、みずみずしい肌にしてくれるのも魅力!
さらに肌の水分を保つセラミド(保湿成分)が、肌の保湿力をサポートしてくれます。

朝夜の1日2回、洗顔後に塗布するだけでOK。口元だけでなく目元の保湿にもおすすめのスキンケアアイテムです。

(※1)加水分解ヒアルロン酸(保湿成分)
(※2)スクワラン、アルガンオイル、シア脂、バオバブオイル、コーン油、インカインチオイル、デュナリエラサリナエキス(いずれも保湿成分)

化粧水+パックもおすすめの唇ケア方法


普段のスキンケアに加えて、おすすめのスペシャルケアについてご紹介していきます。
リップ専用パックやリップトリートメントなど、唇に特化したアイテムを3つピックアップしました。

唇専用パックで気軽に保湿


顔全体を保湿するフェイスパックは有名ですが、唇専用のパックも登場しています。
短い時間で徹底的に保湿をしたい方におすすめで、気軽にケアができるのが大きなポイントです。
唇に貼って推奨時間の数分待って剥がすだけで、つける前との柔らかさの違いを実感できるアイテムも数多くあります。

リップ美容液&トリートメントで集中補修


髪にトリートメントがあるのと同様に、唇専用の美容液も発売されています。
専門店はもちろん、ドラッグストアでもプチプラ価格で販売していることもあります。

含まれている美容成分は異なりますが、面積が少ない分リッチな美容成分が入っていてもコスパ良く購入できるのも魅力です。

リップバームで乾燥に強い唇に近づける


リップ「バーム」と聞いてもリップ「クリーム」と何が違うの?と思う方も多いはず。大きな違いはテクスチャです。

リップバームはリップクリームよりも重めのテクスチャで、こってり滑らかなものが多い傾向があります。
紫外線による日焼けや普段の乾燥からもバリアしてくれるので、乾燥が気になる時期は特にチェックしてみてください。

化粧水+乳液で唇美人になろう


今回は化粧水や乳液による唇のケアやプラスαのケア方法、クレンジングのポイントなどについてご紹介しました。
化粧水単体をつけただけでは肌同様に水分が蒸発されやすくなってしまいますが、しっかりと乳液でパックすることで保湿ができます。
ぜひ試してみてください。

執筆・監修者
大人肌研究所 研究員 小森

当記事は、大人肌研究所の研究員の中山が執筆と監修をしています。
大人肌研究所のお肌悩み研究では、大人の肌悩みに関する基礎知識やスキンケアの方法をご紹介しています。
大人の肌悩みを改善するためのケア商品も販売しています。
運営元 株式会社ウィルミナ