朝の洗顔、必要?いらない?

2022.04.27

朝の洗顔、必要?いらない?
朝は洗顔しない方がいい、というタイプの人と、絶対朝洗顔も必要、という真逆のタイプの方がいますよね。
実際のところ、朝の洗顔は必要か、必要ではないのか調べてみましょう!

した方がいい?朝洗顔。

した方がいい?朝洗顔。 結論から言いますと、基本的には朝は洗顔料を使っての洗顔が必要です。
睡眠中も肌からは皮脂や汗が分泌されています。
それに加え寝具から出るホコリが肌に付着するため、朝起きた時点で肌はすでに汚れた状態になっています。
そういった皮脂や汗、ホコリを放置すると肌トラブルを引き起こす原因になりますので、朝に洗顔料を使って洗顔をし、しっかり肌の汚れを洗い流して清潔な肌を保ちましょう!

朝の洗顔は何をしたらいい?

朝の洗顔は水だけでサッと流して終わり!という方も多くいるでしょう。
しかし水だけでは肌表面の汗やホコリを流れ落とすだけで、睡眠時に蓄積した皮脂汚れを落としきれません。
また、水洗いをすると皮膚温度が低下してしまいます。
皮膚温度が下がることによって肌のバリア機能が低下し肌荒れの原因になってしまいます。

朝の洗顔のメリット

朝に洗顔料を使って洗顔するメリットは寝ている間に蓄積した汗・皮脂汚れや、寝る前につけたクリームの油分などを洗い流して肌荒れを防ぐことができる点です。
皮脂や汚れをしっかり落とすことによりその日の化粧ノリのUPも期待できます。

朝洗顔のデメリット

ひどい乾燥肌の人は必要な皮脂や潤いまでも洗い落としてしまい、より乾燥してしまうことも。
肌のコンディションによって朝洗顔を避け、化粧水で拭き取るだけにする日があっても良いかと思います。

朝洗顔のポイント

①たっぷり泡で肌への摩擦を抑える
たっぷり泡で肌への摩擦を抑える
朝の肌は敏感なため、ゴシゴシと摩擦を起こしながら洗うと、肌のバリア機能が低下して肌トラブルの原因になってしまいます。
洗顔料をたっぷり泡立てて優しく円を描くように洗顔しましょう。

②ぬるま湯で洗う
先ほどお伝えした通り、冷たい水で肌を洗うと肌のバリア機能が低下することがあります。そのうえ水では皮脂汚れも落としにくく、ゴシゴシ洗ってしまう原因にもなります。
毛穴も収縮してしまいますので洗顔後のスキンケアが浸透しずらくなり乾燥を引き起こすこともあります。
また逆に熱いお湯も肌の乾燥を引き起こすためNGです。

③洗顔は短時間で
しっかり泡立てていても、長時間顔を洗っていると肌への摩擦時間が増えます。
朝は15~30秒程度の洗顔でもしっかり汚れを洗い流せますので、短時間で洗顔を終わらせましょう。

④洗顔後はしっかり保湿を 洗顔後はしっかり保湿を 洗顔後、肌は無防備な状態になっており、どんどん肌の水分が蒸発してしまいます。
清潔なタオルで優しく水分を押さえるように拭き取ったらすぐに化粧水で保湿をしましょう。
そのあとは乳液やクリームでしっかりフタをして潤いを閉じ込めましょう。

朝もたっぷり泡で洗顔をしましょう

ピュアクル ラクアワ クレンジング フォーム

大人肌研究所では朝も夜も使える洗顔料をご紹介しています。
炭とクレイ※1の吸着の力で汚れをしっかりオフ、さらに自己発泡の濃密泡で皮脂等の汚れを浮かせて落とすので、W洗顔不要。余計な刺激を抑えます。
また洗顔後の無防備な肌を植物由来の成分がキュッと引き締め滑らかな美肌へ導きます。
※1…カオリン

夜にたまった肌の汚れを朝からさっぱり流し落として爽やかな1日を過ごしましょう

執筆・監修者
大人肌研究所 研究員 高澤

当記事は、大人肌研究所の研究員の嶋野が執筆と監修をしています。
大人肌研究所のお肌悩み研究では、大人の肌悩みに関する基礎知識やスキンケアの方法をご紹介しています。
大人の肌悩みを改善するためのケア商品も販売しています。
運営元 株式会社かがやくコスメ