気になる毛穴の黒ずみ…。原因、対策、おすすめの化粧品をご紹介!

2021.09.21

きちんとメイクオフも洗顔もしているのに、いつの間にか鼻に黒いポツポツ毛穴が…。
今回はそんな人々を悩ませる「毛穴の黒ずみ」について原因や対策を徹底解説していきます!

毛穴の黒ずみは何故できるの?

毛穴の黒ずみが発生するまでに、まず皮脂の過剰分泌や肌のターンオーバーの乱れでうまく皮脂や角質が排出されず、毛穴にそれらが詰まることで角栓が生成されます。
その角栓が詰まったまま汚れが付着したり酸化し黒くなることで、毛穴の黒ずみとなるのです。
また角栓が詰まって出口が塞がれた毛穴には皮脂が溜まっていき、やがて肌表面に盛り上がると、アクネ菌が皮脂を栄養源にして増殖し、ニキビができます。

毛穴の黒ずみの対策


毛穴の黒ずみ対策は、肌のターンオーバーを整え、角栓をケアすることが大切です。
その具体的な方法を以下でご紹介します。

正しい洗顔

皮脂が溜まりやすい額や鼻は丁寧にかつしっかりとクレンジングと洗顔を行い、清潔に保ちましょう。
ただ皮脂や角栓を落とそうと何度も洗顔したり、ごしごしと洗顔やメイクオフをすることは逆効果です。
余計な刺激や摩擦は肌の乾燥へと繋がり、皮脂の過剰分泌や肌のターンオーバーを乱す原因となります。ぬるま湯を使い、洗顔フォームをもっちりと泡立てたら、手を顔に押し当てて泡の圧で毛穴の汚れに泡を密着させ、手を引く際に汚れを泡で引き出すイメージで洗顔しましょう。
メイクオフする際も、なるべく刺激物が配合されていないものを選び、指の腹でくるくるまわすように優しく行いましょう。

保湿

乾燥はお肌の大敵。保湿を怠ると、角栓を生む原因となる皮脂の過剰分泌が起こりやすくなります。また乾燥肌はターンオーバーを乱す原因にもなります。特に洗顔後やお風呂あがりは乾燥しやすいので、すぐにお肌を保湿しましょう。
化粧水で肌に潤いを浸透させたら、美容液で栄養をさらに与え、乳液で水分を蒸発させないよう、保湿しつつ蓋をしましょう。この際、油分が多い化粧品は避けましょう。

規則正しい生活と食事バランスを見直す

角栓の素になる古い角質や皮脂を肌のターンオーバーできちんと排出できるように、規則正しい生活を心掛けましょう。
具体的には睡眠を最低6時間は確保したり、脂質や糖が多いスナック菓子やジャンクフードの摂りすぎを避けましょう。
脂質の代謝時に必要となるビタミンB2や、抗酸化作用があり皮脂の酸化を防ぐビタミンEを積極的に摂取しましょう。
ビタミンB2:卵、納豆、レバー、魚、乳製品など
ビタミンE:植物油、アーモンドといったナッツ類、大豆、アボカドなど

毛穴の黒ずみにおすすめの洗顔

★「ピュアクル クレンジング ラクアワ クレンジング クレンジング フォーム」
こちらは炭とクレイ※1の吸着の力で汚れをしっかりオフ、さらに自己発泡の濃密泡で皮脂等の汚れを浮かせて落とすので、W洗顔不要。余計な刺激を抑えます。
また洗顔後の無防備な肌を植物由来の成分がキュッと引き締め滑らかな美肌へ導きます。
ピュアクル ラクアワ クレンジング フォーム  

★「オンリープラス リフトローラーセラムEX」
日本初のポピーエキス※2を配合し、こだわりの美容成分が充実配合されたこの商品は、保湿に最適です。また商品の先端にはお肌の上でくるくるマッサージしながら保湿成分を浸透させるステンレスボールがついているので、保湿しながらお肌の血行促進も期待できます。
リフトローラーセラムEX詳細はこちら

※1…カオリン
※2…メルク社製Rona Care®PoppyPoppy SE配合 表示名称 ヒナゲシエキス

まとめ

最近ではマスク生活も普通になり、マスクとお肌の擦れやマスク内での蒸れからお肌が乾燥しやすくなっています。
以前に増して保湿ケアを行い、規則正しい生活を送ることで毛穴レスなツルツルお肌を目指しましょう!

 

執筆・監修者
大人肌研究所 研究員 中山

当記事は、大人肌研究所の研究員の中山が執筆と監修をしています。
大人肌研究所のお肌悩み研究では、大人の肌悩みに関する基礎知識やスキンケアの方法をご紹介しています。
大人の肌悩みを改善するためのケア商品も販売しています。
運営元 株式会社かがやくコスメ