紫外線対策は夏だけじゃない!正しい紫外線対策で美肌を手に入れましょう!

2021.07.30

紫外線とは

UV-A、UV-B、UV-Cの3つの種類がある

紫外線図
紫外線とは、地表に届く太陽光の一種で、UV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分けられます。
「UV-A」…地表に届く9割がこのUV-A。窓ガラスや雲を透過する上、波長が長く肌の内部まで到達するので、肌のハリが損なわれることでたるみやシミの原因に繋がります。
1年中降り注いでおり、屋内に居ても影響を受けやすいことから「生活紫外線」と呼ばれています。

「UV-B」…9割は大気圏で吸収されるものの、強いエネルギーをもった残り1割は地表に到達し、肌に大きなダメージを与えます。大量に浴びると肌が赤く炎症を起こすことで、いわゆる「日焼けした」状態を引き起こし、UV-Aと同様にシミやそばかすの原因になります。長時間屋外にいるアウトドアでの日焼けが原因となることが多いので、「レジャー紫外線」と呼ばれています。

「UV-C」…大気圏等で全て吸収され地表まで到達しないので、私たちの体に影響はありません。

体に影響があるのは、UV-AとUV-B

雲やガラスを透過するので例え屋内に居ても無意識に浴びやすく、じわじわと肌内部の真皮までダメージを与えるのが「UV-A」です。このUV-Aを予防する日焼け止めの効果は「PA」と表示されます。
一方、強い日差しにより肌が赤くなり、すぐに影響がわかるのが「UV-B」です。このUV-Bを予防する日焼け止めの効果は「SPF」と表示されます。
それぞれの特性を知り、自身の日常行動に合わせた対策を行っていきましょう。

紫外線対策が必要な理由

紫外線による肌トラブル

紫外線が蓄積すると肌の老化・シミ・ポツポツの原因に

紫外線が蓄積されると、様々な肌トラブルを引き起こす原因となります。実際、肌老化の7割は紫外線による「光老化」だと言われており、肌老化の三大特徴のひとつです。
波長が長いUV-Aは、肌の奥深くの真皮まで到達することで、コラーゲンやエラスチンといった肌に弾力を与えるたんぱく質で構成された細胞を破壊し、さらにメラニン色素を酸化させることで、シミやたるみの原因になります。
また、紫外線を浴び続けてしまうと、肌細胞内のタンパク質が過剰に増え、角質を厚くします。この厚くなった角質は、通常ターンオーバーで排出されるのですが、不規則な生活習慣や紫外線の影響で乱れると、厚くなった古い角層が蓄積されポツポツの原因となるのです。
大人肌研究所では、そんなポツポツにお悩みの方に向け「I・B・O ハトムギ配合リッチエッセンス」という化粧品クリームを開発しました。「ヨクイニン」という昔から整肌に良いといわれてきた成分を配合し、するんっと滑らかな肌に導きます。ポツポツケアが気になる方は、是非商品ページをチェックしてみてください。
I・B・O ハトムギ配合リッチエッセンスの購入ページはこちら

紫外線対策

紫外線対策グッズ

日焼け止めを塗る

顔や手の甲など、普段から露出している部分には毎日日焼け止めを塗りましょう。
先ほど、日焼け止めの効果を知る上で、UV-A対策にはPA、UV-B対策にはSPFと表記されるとご紹介しました。
PAは「+」の数でUV-Aによるダメージの防止効果を表しています。「+」の数が多いほど紫外線ダメージの防止効果が一番高いことになります。
SPFはUV-Bによる日焼けのダメージを何も塗らない場合と比較し、どれくらい長い時間防止することができるのかを数値にて表しています。
1~50+の中で、数値が高いほど日焼けによるダメージを長く防止することができます。

それであれば、PAとSPFどちらも効果が一番高いものを選べば良い、と思われるかもしれません。
しかし、効果が高い分肌への負担も大きくなります。自身の普段の行動に合わせた日焼け止めを選びましょう。
日常生活の中で近くまでの散歩や買い物等であれば、SPF20~25、PA+~PA++程度でも十分な紫外線予防になります。日常生活であれば数値が低めのものを、レジャーやお出かけで屋外に居る時間が長いようであれば数値の高いもの選ぶといったように、その日の行動に合わせて選びましょう。

日傘や帽子を身に着ける

一番の対策は必要以上に紫外線を直接「浴びない」ことです。
普段衣類で覆うことが難しい手の甲や顔を紫外線から守るために、UVカット率が高い日傘やつばの広い帽子を身につけましょう。

日陰を利用する

外出時には積極的に日陰を利用しましょう。信号待ちの間や、歩道は日陰を歩く等、積み重ねの意識が大事です。また、直射日光だけでなく、地面からの反射でも紫外線を浴びていることを忘れず、日焼け止めを塗るといった他の対策も怠らないにしましょう。

サングラスをかける

紫外線の影響は肌だけでなく、目も影響を受けます。特にUV-Aの一部は、その波長の長さから目の奥の網膜や水晶体まで届き、濁らせることで白内障の原因になると言われています。ただ暗いだけのサングラスだと、瞳孔が開いた状態で紫外線を浴びるのでかえって危険です。サングラスもUVカット率の高いものを身につけましょう。

まとめ

ひとくちに紫外線といっても、UV-AからUV-Cといった種類があり、何がどう有害なのか、それぞれ特性があります。どの紫外線であれ必要以上に浴びすぎると、肌トラブルの原因になります。
毎日の日焼け止めや、身に着けるものに気を配るといった基本の対策を土台に、その日の行動や天気によって自身に適した紫外線対策を行いましょう。

また、どんなに対策をしていても、日常生活を送るうえで紫外線を全く浴びないということは難しく、少なからずダメージを受けた肌は、きちんとケアする必要があります。
大人肌研究所では、たるみ肌にお悩みの方へおすすめな美容液「リフトローラーセラムEX」をご紹介しています。
リフトローラーセラムEXの詳細はこちら
ステンレスのひんやりとしたエステボールをクルクルまわしながら、ハリ・ツヤ感のある肌へ導くこだわりの成分を配合した美容液を浸透させることで、まるでエステでマッサージを受けているかのような心地良さを体感しつつスキンケアが可能です。
お得な定期便もありますので、是非チェックしてみてくださいね。

 

執筆・監修者
大人肌研究所 研究員 高澤

当記事は、大人肌研究所の研究員の高澤が執筆と監修をしています。
大人肌研究所のお肌悩み研究では、大人の肌悩みに関する基礎知識やスキンケアの方法をご紹介しています。
大人の肌悩みを改善するためのケア商品も販売しています。
運営元 株式会社かがやくコスメ