日焼けの季節!正しい日焼け対策とケアの方法!

2021.07.20

日焼けのメカニズム

日焼けする女性

紫外線(UVAとUVB)を浴びると、メラニンの合成が活発になり、肌が黒くなる

紫外線を浴びると、肌の表皮内にあるメラノサイト細胞からメラニン色素が生成されます。このメラニン色素は褐色のため、肌が黒く見えるのです。

日焼けにはサンタンとサンバーンがある

日焼けには、肌が褐色になる「サンタン」と、肌が赤くなる「サンバーン」の2種類があります。

サンタンは、主にUV-Aによって引き起こされ、肌が褐色になることをいいます。UV-Aは弱いエネルギーなので大量に浴びても痛みやヒリヒリする感覚はありませんが、真皮まで到達するのでじんわりと肌にダメージを与えます。よって気づかない間に紫外線を浴び続け、メラニン色素が大量に発生されることで色素沈着を引き起こし、肌が徐々に褐色になるのです。

サンバーンは、主にUV-Bによって引き起こされ、軽度のやけど状態とも言えます。熱を持ち、ヒリヒリ感じたり、ひどい時は水ぶくれを伴います。紫外線を浴びてから8~12時間で炎症がピークに達し、数日間続きます。
サンバーンは強いエネルギーを持ったUV-Bによって引き起こされるので、繰り返すと皮膚ガンの原因にもなります。

効果的な日焼け対策

日焼け止めを塗る

レジャーやスポーツをする日はもちろんですが、UV-Aは雲も透過するので、曇りの日でも日焼け止めを塗るようにしましょう。
日焼け止めには、クリームタイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプ、スプレータイプ等ありますので、自身に合ったものを選びましょう。
クリームタイプ:保湿力が高く、汗や水に強いのでアウトドアやスポーツの際におすすめです。
ミルクタイプ:乳液のように水分と油分のバランスが良いので、すっと肌に馴染んでくれます。
ジェルタイプ:水分が多く、さらっと伸びが良いテクスチャのものが多く、べたつきが気になる方におすすめです。
スプレータイプ:お手軽さから、メイクの上からでも簡単に塗布できます。手や足に吹きかけたら、ムラにならないように手で満遍なく馴染ませましょう。

UVカット効果のあるコスメを使う

ベースメイクでもUVカット効果があるものを使用すると、さらに紫外線を防ぐことができます。汗や水で崩れたり、時間が経ってメイクが崩れてきたら、こまめにメイク直しを行い、UVカット効果を持続させるようにしましょう。

帽子や日傘、サングラスを使う

空からの紫外線には、日傘や帽子を使うことでより紫外線を防ぐことができます。UVカット率の高い日傘や、つばが広い帽子を活用しましょう。
また目の奥にある水晶体も紫外線の影響を受けるので、暗いだけでなくUVカット効果があるサングラスを選んで身に着けましょう。

日焼けしたときのケア

冷やす

日焼けした肌は、医学的には「日光皮膚炎」と言われ、軽度のやけど状態です。
冷やすことで炎症を和らげましょう。

保湿

日焼けした肌は、バリア機能が弱り、乾燥しやすくなっています。肌内の水分や油分が逃げないよう、しっかり保湿をしてあげましょう。

十分な睡眠を取る

肌細胞は睡眠時に回復、修復されます。睡眠時間を最低6時間は確保しましょう。また十分な睡眠はターンオーバー周期の調整効果もありますので、夜更かしは厳禁ですよ!

肌に良い食べ物を摂る

日焼けによる肌ダメージをケアできる食べ物の一例を紹介します。
①メラニンの生成を抑えるビタミンC
ビタミンCが豊富で、デザート感覚で食べられるいちごがおすすめです。加熱調理していない新鮮なものを食べましょう。
②紫外線によって発生するシミの原因になる活性酸素を除去するリコピン
リコピンと言えばトマトが有名ですよね。リコピンは油と一緒に摂取することで吸収率があがるので、オリーブオイルをかけサラダ等にすると◎。

赤ピーマンはビタミンCとリコピンが両方含まれており、まさに日焼けした肌にうってつけ!是非レシピに取り入れてみてくださいね。
 

化粧品でケア

紫外線でダメージを受けた肌は、様々な肌トラブルを引き起こします。
肌のバリア機能を衰えさせ、ターンオーバー周期が乱れるとイボのようなポツポツや、たるみ、シワに繋がります。
大人肌研究所では、そんなポツポツや肌のたるみでお悩みの方に向けた商品を開発しています。
どれも肌への刺激に着目して、厳選された成分だけ配合した肌に優しい商品ですので、日焼けでダメージを受けた繊細なお肌にもおすすめです。
▼ひんやりしたエステボールでケアしながら保湿ケア「リフトローラーセラムEX」
リフトローラーセラムEXの詳細はこちら
▼古い角質がたまったポツポツに、目元・首元やデコルテにも使える部分美容液「I・B・O ハトムギ配合リッチエッセンス」
「I・B・O ハトムギ配合リッチエッセンス」の詳細はこちら

まとめ

これからどんどん紫外線が強い日が続きます。
未来の自分に後悔させないよう、今から毎日の紫外線対策を行いましょう!

 

執筆・監修者
大人肌研究所 研究員 嶋野

当記事は、大人肌研究所の研究員の嶋野が執筆と監修をしています。
大人肌研究所のお肌悩み研究では、大人の肌悩みに関する基礎知識やスキンケアの方法をご紹介しています。
大人の肌悩みを改善するためのケア商品も販売しています。
運営元 株式会社かがやくコスメ