気になる目の下のクマ!クマの種類と原因を知って対策をしましょう!

2021.04.30

気になる目の下のクマ!クマの種類と原因を知って対策をしましょう!
マスク生活だと目元の印象が強く残りますよね。
その為、老け顔や疲れ顔の大きな要因になる目元のクマが気になります。
そんなクマには種類とそれぞれの原因があることはご存知でしょうか?
自分のクマにあった対策をしてふっくら目元を手に入れましょう!

目の下のクマの種類と原因!

目の下のクマの種類と原因!

青クマ

目の下が青黒く見える青クマです。
目の周りの皮膚は薄いため皮膚の下の血管が見えやすくなります。
寝不足や目の疲れで血行不良になると、その血管が黒ずんで透けて見えるため青クマを作り出します。

茶クマ

目尻を横に優しく引っ張って、皮膚と一緒にクマが動く場合は茶クマです。
茶クマは色素沈着によって作られます。 目の周りの皮膚は繊細で摩擦などの刺激に弱くなっています。
目をこする癖があったりアイメイクが落とし切れていなかったりするとできやすくなります。
また、紫外線によってメラニンが生成されることも茶クマの原因になります。

黒クマ

上を向いた状態だとクマが薄くなる場合は黒クマです。
黒クマは生まれつきや加齢によって目の下の皮膚がたるんだりくぼんだりすることで作られます。
影によって作られるのでコンシーラーなどで隠しにくいのが特徴です。

クマのタイプ別の対処方は!?

青クマは血行促進を!

青クマは血行促進を!
青クマは血行不良が原因の為、目の周りの血行を促進させるのが必要です。
ホットタオルで目を温めたり、目の周りをマッサージすると効果的です!

【目の周りのマッサージ】
①目の上の目頭、眉頭、まぶたの中央、目尻を3秒間ずつ押してからこめかみに円を描きます。
②目の下も目頭、涙袋の中央、目尻を3秒間ずつ押してからこめかみに円を描きます。 また根本的な原因として睡眠を良く取り、ストレスを無くすことが重要です。

茶クマにはしっかり保湿が重要!

茶クマは色素沈着が原因の為、目の下の肌の状態を整えることが有効です。
目の周りの皮膚は薄く、乾燥しやすいのでしっかり保湿をしましょう。
美白作用のあるビタミンC誘導体が入った化粧品がおススメです。 またメラニンの増える要因になる紫外線対策も必要です。
外出時は目の下まで日焼け止めを塗って紫外線ダメージを防ぎましょう!
青クマには有効な血行促進やマッサージは、茶クマにとっては逆効果になるので気を付けてください。

黒クマは筋トレで改善!

黒クマは筋トレで改善!
黒クマは目のたるみが原因の為、目の周りの筋肉「眼輪筋」を鍛えることで改善に繋がります。

【目の周りの筋トレ】
①おでこに手のひらをあてておでこを固定します。
②目をぎゅっと5秒閉じた後、おでこを動かさずにゆっくりと大きく目を開きます。
これを繰り返すことによって表情筋や眼輪筋が鍛えられます。
また青クマ改善のマッサージ、茶クマ改善の保湿は黒クマにも有効です。
血行を良くし、保湿をして肌を守ることで目元のたるみ改善が期待されます。

目元ケアにおススメの美容液は!?

「大人肌研究所 」では美容のプロがおすすめする目元用美容液もご紹介しています。
これまでマイクロニードルは貼るパッチタイプが主流でしたが、最新のマイクロニードル技術で貼るから塗るケアに進化しました!
次世代成分クリスタル型ヒアルロン酸配合の美容液がお肌にフィットして浸透して目元を保湿します。
ハリ肌へ導く美容成分もたっぷり配合していて肌に潤いを与えます。
クロノレストクリスタルコンセントレート使い方

朝晩の1日2回、洗顔後の清潔な肌にご使用ください。目元や口元などの気になる箇所に指でトントンと優しくマッサージするようになじませます。
その後、お手持ちの化粧水でよくなじませながら肌を整え、最後にクリームなどで仕上げてください。
角質層の深くまで美容成分が浸透します。

クロノレストクリスタルコンセントレート商品詳細はこちら

クマを改善するまでには時間がかかってしまうことが多いですが、自分に合った対策をしっかりして若々しいふっくら目元を手に入れましょう!

執筆・監修者
大人肌研究所 研究員 中山

当記事は、大人肌研究所の研究員の中山が執筆と監修をしています。
大人肌研究所のお肌悩み研究では、大人の肌悩みに関する基礎知識やスキンケアの方法をご紹介しています。
大人の肌悩みを改善するためのケア商品も販売しています。
運営元 株式会社かがやくコスメ