マスクはむしろ乾燥する!?今の時期だからこそ知っておきたいマスクトラブルのケア!

2020.12.11

マスク生活での肌変化

マスク生活での肌変化

新型コロナウイルスの影響で長期のマスク生活が続いています。マスクを着用する時間が長くなったことで、肌の変化を感じる方も少なくないかと思います。
実際「毛穴が目立ってきた」「吹き出物が悪化した」「乾燥して肌が痛い」とマスク着用による肌トラブルが急上昇しています。
どうしてマスクで肌荒れをするのか、どういったケアが有効かを詳しく見ていきましょう!

マスクによる肌荒れの原因は!?

マスクによる肌荒れの原因は!?

摩擦による肌トラブル

マスクを付けたり外したりする際に肌とマスクの間に摩擦が生じます。
一回の付け外しでは大した摩擦ではありませんが、飲み物を飲んだり昼食をとったりと1日のうちに何度も行っていると肌にダメージが蓄積していきます。
特にサイズの合わないマスクを装着すると擦れてしまい肌に刺激を与える原因に!
摩擦により肌のバリア機能が低下してしまいます。
肌のバリア機能は紫外線や細菌などから肌を守り、肌内部の水分を留める大切な役割を補っています。
バリア機能が低下することにより潤いが保てず肌が乾燥したりや炎症を起こし吹き出物や湿疹ができやすくなってしまいます。

着脱時の温度や湿度の変化

マスクの中は呼気により高温・高湿度になり肌が蒸れた状態になっています。
そういった環境は雑菌が繁殖しやすくなり肌トラブルの原因になります。
雑菌によりニキビや吹き出物が悪化してしまうこともあります。
また、マスクを外す時にマスク内で増えた水分が急激に蒸発します。
この時に肌の必要な水分まで一気に奪うので、乾燥を引き起こしてしまいます。

マスクによる乾燥を防ぐコツ

肌を優しくケアしましょう

マスクの着脱によりバリア機能が低下した肌に負担をかけないよう、やさしくケアをしましょう。

肌の汚れをやさしく落とす

家に帰ってマスクを外したらクレンジングや洗顔で肌の汚れを落としましょう。
肌のバリア機能が低下している状態ですので肌への負担が少なく、汚れをしっかり落としながらも潤いを保ってくれるクレンジング、洗顔料を使用しましょう。
理想的な洗顔方法はきめ細かいたっぷりの泡でお肌をなでるように洗うことです。

理想的な洗顔方法はきめ細かいたっぷりの泡でお肌をなでるように洗うことです。

皮脂ケアを入念に

またマスクでの肌トラブルは乾燥だけではありません。皮脂や汗の分泌が活発になり顔がテカったり化粧崩れを引き起こします。
日中、保湿ミストを使うことにより、乾燥を防止することに加えて皮脂崩れも抑えてくれます。

湿度や温度差で肌荒れしてしまった場合

肌が弱っている状態の時は低刺激の敏感肌用の基礎化粧品をお勧めします。
アルコールフリーやパラベン無添加、無香料、無着色など刺激になるものが入っていないものを選んでケアをしましょう!
こまめに保湿ミストで肌の水分を補うことも有効です。

保湿ミストで肌の水分を補うことも有効です。

マスクで口周りが乾燥してしまった方にお勧めの美容液

マスクで口周りが乾燥して小じわが気になる方も多くいるかと思います。
「大人肌研究所」では、「リフトトーラーセラムEX」という、ローラーと美容液が一体となった美容液を用意しています。
ローラー付きの美容液で乾燥によって増えた口元の小じわのケアができます。
使い方は簡単。ほうれい線に沿ってローラーを転がしマッサージをすることで簡単に口元のケアが可能!
定期利用を使うことで、お得になります!
ぜひチェックしてみてください。 リフトローラーセラムEX 商品詳細はこちら
まだまだマスクを付け続けなければいけない時期が続くかと思われますが、お肌のケアをしっかりして肌トラブルを防ぎましょう!