夏の紫外線ダメージを回復!秋のスキンケア!

2021.10.20


秋に入り気温も下がり、日差しも柔らかくなってきましたね。
秋は肌ダメージが少ない季節かと思われますが油断は大敵です!
秋だからこそ気を付けなければならないことや、必要なスキンケアを調べていきましょう!

秋に起こる肌トラブルとは!

夏のダメージが表面化!

秋は1年の中で一番肌が老けてしまう季節と呼ばれています。
その大きな原因になるのが夏に受けた肌ダメージ。
肌の生まれ変わりの周期は約28日の為、夏の紫外線ダメージが秋に表面化されてしまうのです。
それに秋も紫外線は降り注いでいますので、日焼け止めを塗らないと肌にダメージを受けてしまいます。
日差しが柔らかくなって涼しくなると、つい日焼け対策を忘れてしまいますので要注意です!

気温や湿度の低下!

10月は一年の中でも湿度が一気に下がる月です。
気温や湿度が低下すると、肌の皮脂分泌量が減少し、肌が乾燥してしまいます。そのうえ寒さで血行が悪くなることによって、肌の働きが衰えて代謝も悪くなっていきます。
また気温が低下することにより皮膚の温度も下がってしまい、化粧水の浸透も悪くなります。
夏と同じお手入れをしても乾燥が防げず乾燥ジワの原因にもなります。

秋のスキンケア


秋を感じてきたらスキンケアも秋仕様に変更することをおすすめします。
夏に浴びた紫外線のダメージを早めに回復させ、これから来る涼しい季節に備えるためしっかりとしたスキンケアを行いましょう。

洗顔

スキンケアの基本はクレンジングと洗顔、そして保湿です。
「PUREKLE ラクアワ クレンジング フォーム」はクレンジングと洗顔の両方の成分が含まれていますので、W洗顔をしなくても顔の汚れをしっかり落とせます。
植物由来の美容成分がキュッと肌を引き締めることでハリと弾力のあるなめらかな美肌をサポートします。

ピュアクル ラクアワ クレンジング フォーム

保湿

メイク汚れや皮脂汚れを落とした後は化粧水や乳液での保湿を忘れずに!
夏に日焼けしてしまった肌には「ハイドロキノン」や「ビタミンC誘導体」などの美白成分の入った化粧水がおすすめです。
また、乾燥が気になる方には高い保湿力のある「スクワラン」「セラミド」などが配合されている化粧水が効果的です。
化粧水をつけるタイミングは、お風呂上がりの体温が高く肌が潤っている時が化粧水の浸透力が上がるのでベストです。
化粧水をつけた後は乳液やクリームでしっかりフタをしましょう。
特に気になる部分にはプラスで美容液を取り入れてみてはいかがでしょうか。
「クロノレスト クリスタルコンセントレート」はクリスタル型ヒアルロン酸を配合した美容液でお手軽にお顔の気になる部分に塗ることができます。

クロノレスト クリスタルコンセントレートの商品詳細はこちら

マッサージ


また気温低下により血行が悪くなっていると感じたら首のマッサージがお勧めです。
まず鎖骨周りをほぐします。その後、耳の後ろから下に向かって首をなで、最後に鎖骨の中心から外側に向かってなでていきます。
首のマッサージを行うことによって顔のリンパの流れが良くなり血行改善に繋がります。

秋の美しい景色や空気の香りを楽しみながら美肌を育てていきましょう!

執筆・監修者
大人肌研究所 研究員 高澤

当記事は、大人肌研究所の研究員の高澤が執筆と監修をしています。
大人肌研究所のお肌悩み研究では、大人の肌悩みに関する基礎知識やスキンケアの方法をご紹介しています。
大人の肌悩みを改善するためのケア商品も販売しています。
運営元 株式会社かがやくコスメ